健康、転職、メンタルヘルス、ワードプレスなどの情報をわかりやすく見やすく書いてます

【小学生の歯磨き】習慣になる3つのコツ&歯磨き粉選びはこれ一択!

こんにちは はやとです。(@slowlife184)

小学生の歯磨きは大きなしつけのひとつです。

初めから嫌がる子もいますし、痛くしたらもうさせない子もいます。

やり方次第では、親のストレスが溜まるひとつが「子供の歯磨き習慣」なんです。

早い時期に歯磨きの習慣をつけると「お子さんもお母さんもいいこと尽くし」になりますから根気よくしていきましょう。

勤務している女性
OL
子供の時、お母さんと歯磨きしたこと覚えていますよ。

小学生の歯磨き習慣になる3つのコツと子供の歯磨き粉をご紹介します。

小学生の歯磨き 3つのコツ

親としてはあらゆる工夫をして子供の歯磨きを習慣づけないといけません。

実体験も含めて紹介します。

☆小学生の歯磨き習慣づけ

1、決まった時間の歯磨き 

2、歯磨きの時間に虫歯に関するYouTubeのアニメを見せる 

3、歯ブラシをいろいろ変えて歯みがきを飽きさせない 

4、歯科医もすすめる歯磨き粉を使い、安全面に気を配る

解説します。

1、決まった時間の歯磨き 

歯磨きを日課にするには歯磨きの時間帯をできるだけ同じにするのが有効です。

習慣がうまくいけば、子供が「歯磨きの時間だね」と自ら動いてくれます。

逆に寝る前の歯磨きにおいて、寝る寸前なのか寝る1時間前なのか決まってない時には習慣化しにくい印象がありました。

2、歯磨きの時間にYouTube

歯みがきタイム時にアニメを見せて、「虫歯はヤダ」という認識させないと同時に歯磨きを楽しい時間にする。

昔であれば本を読み聞かせるのと同じです。

3、歯ブラシは好みに合わせる

歯ブラシの大きさや好みがあるため、歯磨きを極端に嫌う場合は変えていく。

最近では子供用の歯ブラシは多種多彩です。

キャラクター豊富な歯ブラシの多さは子供に選ばせるのもいいことだと思います。

4、歯科医もすすめる歯磨き粉を使い、安全面に気を配る  

 

乳幼児の歯磨きには大事なポイントが2つあります。

 

 

❶歯磨きの習慣をつける 

❷飲み込んでも安全な歯磨き粉であること  

❸低刺激であること

 

子供用の歯磨き粉はたくさん出ていますが小学生に合わないものもあります。

歯磨き粉の成分は身体に悪い成分が多いのです。

 

フッ素入り歯磨き粉は虫歯予防には効果が高いですが、飲み込んだら良くないのです。

厚生労働省も説明しています。

 

子供の歯磨き粉は歯科医推薦でしかも低刺激で身体に安全なのです。

小学校低学年は要注意! ⇩

歯科医がすすめる歯磨き粉の紹介

コンクールFの写真

歯科にも置いてある実績と評判が合致した製品の「コンクールF」です。

コンクールFの特徴は、

❶歯科医が推薦している

 

❷刺激が少なく小学生でも好まれる

❸ほのかなミントの味

❹虫歯だけでなく口臭予防にも期待ができる

まとめ

四人の歯科衛生士が歯の説明をしているイラスト

ほとんどの国民がスマホを持ち、クルマの自動運転はもうすぐという時代に来てます。

なのに、「子供の歯磨きの習慣づけ」に関しては特別な進歩はありません。

これだけは昔から変わらず、親がしっかりと子供に教え込む。

 

歯科の技術は日進月歩ですが、基本の「歯磨きの習慣」は親次第なのです。


この認識は若いご両親は理解しておく必要があります。

キレイな歯のイラスト

 

これからの時代は虫歯になってからの治療ではなく、虫歯にさせない
「予防医学」が主流です。

子供の歯をいかに虫歯にさせないか大人が考えて行動するようにしたいものです。


長い人生を生き、できるだけ自分の歯で食べる。 

高齢化社会のひとつのテーマだと感じます。


みなさん、子供の歯を守りましょう!

クマが歯ブラシを持っているイラスト
twitterにブログ記事の更新情報を流してますのでよかったらフォローお願いします。