健康、転職、メンタルヘルス、ワードプレスなどの情報をわかりやすく見やすく書いてます

【退職代行は保険】退職前にすべきこと 限界の場合は弁護士に依頼

退職を考えてる方へ。

苦しい時だからこそ開きなおりも必要です。

しかし現実にはあらゆる問題があります。

これからの人生を強く生きるための提案があります。

まずは試して欲しいことがあります。

それもできない限界な時に退職代行を利用するのです。

 

退職代行を使ってもトラブルが起こることもあります。

トラブルを回避するために
退職代行を利用する場合は弁護士に依頼するのが確実です。

転職経験の多いはやとがこれからどうすべきかを経験に基づいて解説していきます。

退職代行利用する、しない、どちら

悩んでる女性 イラスト


結論から言えば、利用する
 です。

会社によっても職種によっても新卒かベテランかでもかなり状況は変わります。

ですが、そこまで追い込まれてる状況を考えれば利用した方がいいでしょう。

人はどんな人であれ、冷静時では理性的に考えられるものです。


普通に考えれば退職の意思を告げるのは本人だとわかっています。

しかしそれができない。

これを甘えと言い切るのは、時代背景、職場環境の変化を理解してない人だと断言できます。

大きい目で見てください。

日本の総会社数は420万社もあるんです。

そのほとんどが転職できないなんてことあり得ません。

武士やないんですから一度奉公したら一生尽くすなんてのは笑ってしまいます。 


しかも終身雇用は崩壊しましたし。

退職したいのにできない人の心理

 

退職したいのにできない人は二通りいます。


上司に退職願いを伝えてない人。


もうひとつは

退職を伝えたのに認めてもらえない人。

 

どちらの場合でも言い出しにくい空気・状況であるならば、かなりストレスが溜まっている状態です。

 

退職したいのにできない人の心理状態

 

・一刻もこの会社を辞めたい、もう上司と関わりたくない、苦痛だ、耐えられない

・辞めると言っても確実にしつこく止めてくるはず… ごたごた言われるのを想像するだけで動悸がする。

・家まで押し寄せてこられたらどうしよう...

・しつこく電話もかかってきそう。怖い。

・上司や先輩にあの手この手で引き留めに来られたら、自信がない…

リアルな声です。

一番多いのは引き留めが強いを越えて恫喝に近い場合です。


ブラック企業ではない人間関係の良好な会社であっても人手不足により引き留めが強くなりすぎて脅しのようなことも事実あります。


普通の会社であれば強い引き留めがあったとしても最終的には退職は大きなトラブルなくできるもんです。

しかしブラック企業では退職の意思表示しても通用しないことが多いんです...

 

ブラック企業に関する記事

【社畜から抜け出す】 転職で悩んでるあなた 思考停止する前に抜け出すべき

 

そもそも退職は悪いのか?

仕事をじっくり虫眼鏡で見る イラスト

追い込まれてるあなた、辞めると言ってからの上司の態度でかなり気持ちがぐらぐら動いていませんか?


言葉の暴力、執拗な説得、ダルい程の情への訴え
、あらゆることをされてるのではないでしょうか。

あなたはかなり弱気になってるでしょう。

 

ここは強い気持ちを持ってください。

退職というモノをもっと理解すべきです。

勤務している女性
人事部 女性
今からの時代は退職という名称が減ってくるかもしれません。プラスで捉える方が良いですね。

退職を悪いイメージで持つ方は多いでしょうけど、決してそんなことはないんですよ。

ポジティブなこともたくさんあります。

精神的に健康になれます。

人間、健康があってこその人生ですよ。⇩
【メンタルヘルス対策】残業200時間越えでも耐えれたのはあの言葉を言い続けたから

しかも会社にとっても人が減るのは変われるチャンスでもあるんです。

人が足らない。

なら経営者、幹部がしっかり対応して会社全体を変えるチャンスなんです

退職した夫とのこれからの人生を考える記事です。⇩

【転職夫を持つ妻の不安】これからの人生の4つの解決策

あなたは自分だけを見ていけばいい。


転職をネガティブなイメージにしないこと。

退職代行は大丈夫なの?

逃げる人のイメージのイラスト

少し退職のイメージは変わったでしょうか? 

変わってなくてもそういうもんだと思っててください。


ところで退職代行サービスはトラブルはないのでしょうか。

業者を取材したブログがあります。ご覧ください。

       ハイパーメモメモ

大きなトラブルはないとも言えません。

会社側も社員がいきなり辞められると困るのは事実ありますし、これだけ退職代行が流行ると会社側も弁護士をつけて対抗してくることもあるでしょうし…

退職代行の業者さんは「告げる」だけの業務になります。

会社との交渉はできません。

もしした場合は「弁護士法違反」になります。

よって、辞めた後のトラブル回避のためにも依頼するのであれば会社との交渉ができる「法律事務所」の方がいいでしょう。

また視点を変えて見てみると、業者からの伝言だからうまくいくのはもちろんあります

しかしそれだけではないと思います。

意思表示がはっきりと会社に伝わったから納得してもらえたということだと思いますね。

辞めにくい会社は意思表示がしにくいこともありますので…

ブラック企業を辞める際は弁護士の力が必要

LAWと書いた本の写真

退職したい社員が上司に退職の意思表示しても全く取り合おうともせず無視する場合もあります。


ブラック企業の常とう手段ですね。あらゆる手をつかい退職希望者を戦意喪失させます。

ここで退職代行の出番です。

マスコミに大々的に取り上げられ、2019年度は退職代行業者が乱立しました。

それと同時にトラブルも増えています。

弁護士のいない退職代行業者は会社との交渉ができない。よって退職者と会社との仲介がうまくいかず損害賠償請求を起こされた事例。

〇弁護士のいない退職代行業者とわかると法的な力がないとわかり、退職希望者にさらにいやがらせをする事例。

トラブルはいずれ起こるだろうと早いうちに言われていました。


なぜならブラック企業であっても正当な理由があって引き留めしている事例もありますから交渉ができない業者ではトラブルが出ることはあるだろうという見解です。

納得できる話です。

弁護士が直接交渉しない退職代行業者は、ただ退職希望者の言い分を伝言するだけです。

これでは会社によっては担当上司が激高することもあろうかと思います。

またわたしが経験したことから言えるのは、ブラック企業はトラブルに関しては悔しいですが対応力があるんです。

 
 

弁護士の力が必要な大きな2つの理由

 

わたしが経験したことプラス聞いた話で解説します。

 

1、ブラック企業は顧問弁護士がいることが多い

通常、会社で弁護士と契約するのは顧客との契約書作成やトラブル対応や予防のため。また労働者との契約書作成やアドバイスがメイン業務になろうかと思います。

必要な時に弁護士に依頼するだけで、顧問弁護士を置く会社は多くはないです。

しかし、ブラック企業においては顧客との間でも労働者との間でもトラブルが多いんです。

その為、顧問弁護士を置いて非常時にすばやく対応しているケースが多いです。

事実、わたしがいたブラック企業は社員100人規模なのに顧問弁護士が3名もいました。

顧客だけでなく社員とも揉めに揉めてましたから…

トラブル耐性があり顧問弁護士を抱えてるブラック企業が相手では、弁護士のいない業者が太刀打ちできないのは容易に想像できます。

小銃で戦車に挑むようなもんです。

顧問弁護士に即相談し法的に問題なく対処してくるでしょう。

2、ブラック企業の経営者は傲慢でワンマンが多い

ワンマン経営者は業種によっては悪くはないのですが、そこに「傲慢」が入ると意味合いが違ってきます。

「俺の言う通りにしていればいいんだ。お前たちは考えなくていい。」という昭和の化石のような人物です。

この手の経営者にかかると「退職代行」なるものは宣戦布告されたようなもんです。

「なんだと??」 

社員でもなんでもない全くの他人が何を言ってきてるのだ? (# ゚Д゚)

と、なってもおかしくはないです。

逆上されると話がこじれて面倒です。

なにせ相手は戦車(顧問弁護士)を持っていますから...

緑色の戦車

そしてこういうタイプの社長さんは権力にはめっぽう弱い方が多いです。

こちらが弁護士の名刺と弁護士バッジをお見せするならばキチンと対応してくれるはずです。

もちろんすべてうまくいくとは限りませんが少なくとも普通の業者さんとは全く違った対応することは間違いありません。

弁護士バッジを付けた「法律のプロ」にお任せして退職の交渉をすることが安全ですし近道でもあります。

下記の
「汐留パートナーズ法律事務所」は退職代行業務の実績が多い本物の法律事務所です。
あなたの不安のすべてを払拭できます。⇩

汐留パートナーズ法律事務所

退職代行は保険

ストレス リラックス

退職代行は問題なく使えそう。じゃさっそくそうしょう。

ちょっと 待った !

これで問題はありません。

退職という最大の山場は「退職代行」という切り札ができました。

これである程度、気持ちの余裕はできたはずです。

でも少し考えてください。

人生は長いんですよ。

難しい問題は退職だけではありません。

転勤、配属変え、出向など働いていたら山場は幾度となくやってきます。

そのたびに誰かに頼るのですか? 

それでOKという考えもあるでしょう。


しかし長い人生を送るのには少しの強さは必要なんですよ。

気持ちに余裕できたなら少し訓練しませんか? 

上からの強い態度に対して毅然とした態度で返す。

それを退職という人生の山場で使うんです。

途中でダメと思えば「退職代行」にお願いすればいいんです。

この訓練を少ししていけばあなたは意思を通す力が付きます。

この力は後々、あなたの財産になりますよ。

転職の別記事 

【転職証明写真】面接官に直接聞いた!書類選考では写真が超重要!

【転職理由】面接でホンネを入れると信ぴょう性が5割増し!面接官歴10年

まとめ

にこにこ花


退職代行は非正規の増加、人口減の時代が産んだ事業です。

時代の急激な変化にこのようなサービスが必要とされています。

会社はこれまでの人材に対する考えを改めなければ生き残れないでしょう。

会社運営の変革を求められています。

そして必ずこれからの時代に合った働き方が構築されてくるはずです。

その時には「退職代行」というサービスは無くなっていると思いますし、思いたいです。

それまではたくさんの人がこのサービスを利用し自分に合った仕事をしてもらいたいものです。

頑張ってください

汐留パートナーズ法律事務所

暗い社内から外を見る男性の写真
twitterにブログ記事の更新情報を流してますのでよかったらフォローお願いします。