健康、転職、メンタルヘルス、ワードプレスなどの情報をわかりやすく見やすく書いてます

【転職成功の3つのポイント】気概とリサーチ力とポーダブルスキル

こんにちは はやとです。(@slowlife184)

会社を辞めたい、逃げたい、もう帰りたい、就活も辞めたい、心中察します。

きついでしょうが何とか耐えていきましょう。休みながらも就活は継続すべきです。

転職成功の基本は気概とリサーチです。

さらにもうひとつ重要なスキル
ポーダブルスキル」があります。

3つの要素がそろってこそ転職の成功が高まります。

働き盛りのサラリーマンに発信します。

転職を成功させたい男性の気構えと現実

会社を辞めたい理由はいろいろありますが「すぐに辞めたい」という理由は「人間関係」「過労」の二つに絞られることが多いです。


この辛さの程度次第ですがこの

「負のエネルギー」こそ就活を乗り切るエネルギーに変わります。

「ここにいるくらいなら就活地獄に飛び込んでやる」というエネルギーです。

就活中の心が折れないためにも、この気概は絶対に必要です


次はリサーチ力です。 スーツ姿の男性 JOB雑誌に飛びつく

求人してる会社がどんな人物を避けているのか。

どんな人物を求めてるのはもうおわかりですよね。


いまさら聞きたくもないでしょう。

会社は全て満足できる人を採用できる可能性は高くはないと思っているでしょうし現実そうだと思います。

「求めてる人物に近い人を採用してみよう」という認識が高いです。

言い方かえれば妥協するということです。

そうすると書類選考、面接においては加点式ではなく減点式になることが多いです。

会社、規模、業種によっても違いますが中小企業であればほぼこの方法です。

大きく減点されないためにどうするか。次項でお話します。

求人の会社が中年男性を避ける理由

なぜ企業は中年を避けるのか。3つ大きな理由があります。

・ 年齢が高いと使いづらい 

  大半の理由はこれです
 
・ 年齢に見合う職歴ではない

  転職の際、いくつも業界を変えると経験値が少ない
・ 同僚たちとやっていけそうか

年齢が高いとコミュニケーション能力に難があるかとパソコンで仕事している社員を後ろで双眼鏡で監視している上司思われがち

この辺りがリアルな理由かと。

言葉ではキレイにまとめても避ける理由はこの3つが多いでしょう。

採用する側ですから理解はできますが、ほとんどの30代から40代をそのひとくくりに入れてしまう現実は耐え難いものです。

転職を成功させたい男性の就活対策

自分の棚卸を徹底的にする

自分の自信あるとこないとこすべて書き出す

自分を掘り下げることで自分理解が深まる。
  

⇨ 職務経歴書、面接でプッシュできることが増える

説得力ある職務経歴書を書けるようになる

・自分の長所も短所もはっきりに理解でき面接での対応能力が上がる


コミュニケーション能力を高めに見せるのは可能

コミュニケーション能力ある職務経歴書を作成

・コミュニケーション能力ある内容の職務経歴書を作る。

備考欄に仕事以外の内容を記述する。例えば会社の行事のことはすべてしていたなど。※ただし書きすぎはダメ。一言程度にする。

・面接で「自自アピール」や「何か言いたいことありますか?」などをの時に仕事以外で協調性ある話をエピソード交えて話す。


仕事以外の話しは審査にそれほど影響するものでもないのですが、最後の最後であなたを選ぶ要素になる可能性はありますので力を抜かず準備しましょう。

そして中高年の転職に関して朗報が出てきました。

次項で紹介します。

会社 ミーティング 男性二人 女性三人 パソコン5台 

朗報!転職を成功させたい男性に好機

ポーダブルスキルという言葉をご存知でしょうか。

数年前より厚生労働省が推し進めてる事業です。

雇用構造の変化、人口減により労働市場の変化に対応するための次世代の仕組みです。

職種や業界が変わっても使える能力。

「持ち運び可能な能力」という意味で「ポーダブルスキル」と言われています。

「課題を明らかにする」「計画を立てる」「実行する」「社内対応」「社外対応」「部下マネジメント」は会社や業界が変わっても使える能力です。

これがポーダブルスキルです。

確実に労働市場は変わってきますので働く側もこの知識は入れておくべきです。

「年齢の壁」「違う業種へのキャリアチェンジ」このふたつは明らかに「人口減によって労働者不足の業種」と「年齢が高いから拒否されてきた人材」のマッチングの試みです。

          厚生労働省

この試みは大賛成です。

どんなきっかけであれ、今生きてる者で社会に貢献していく流れは正しい。

そしてこの流れは
厳しい会社で苦しんでる男性にチャンスが来るということです。

もちろんそれなりに経験・実績がないと「ポーダブルスキル」があるとはならないでしょうけど...

しかしチャンスなのは間違いありません。

転職別記事 

【社畜から抜け出す】転職で悩んでるあなた 思考停止する前に抜け出すべき

退職代行問題は弁護士に依頼が確実!しかしその前に

【転職夫を持つ妻の不安】これからの人生の4つの解決策

【転職理由】面接でホンネを入れると信ぴょう性が5割増し 面接官歴10年

ひまわり 一輪 大きく咲いている 

ポーダブルスキルの浸透は転職事情を変える

転職するとかなりの経験値が付きます。

早く会社に溶け込む順応力
コミュニケーションをとりながら空気を読む力
仕事をスムーズにしていく推進力

この力は正に「ポーダブルスキル」


転職してからの数か月はこの力をフルに出すので体重も数キロ減ったりもします。

またこの力は仕事以外でも発揮されたりします。

身近で言うなら学校のPTAとか趣味でのサークル運営とか。

但し、仕事での「ポーダブルスキル」はレベルの高い話ですけどね。

今までは転職回数が多いと「飽き性」「専門性に欠ける」という見られ方が主流でしたが
「ポーダブルスキル」が世間一般に浸透すれば「順応性あり」「対応力あり」という見られ方もあるかもしれません。

まとめ

転職を成功させたい男性の転職事情はとても厳しいものです。

誰に相談してもはっきりと解答が出せるわけではありません。

個人で耐えながらなんとか仕事に就く。というのが現状です。

しかし労働市場の新しい潮流が中高年の転職に変化を起こす兆しが見えてきました。

この流れに敏感に対応していくことが令和での生き方になるのかと感じています。

希望をもって就活していきましょう。

ノート、スマホの写真
twitterにブログ記事の更新情報を流してますのでよかったらフォローお願いします。