健康、転職、出会い、ワードプレスなどの情報をわかりやすく見やすく書いてます

【加齢臭 対策】これだけは必ず実践!解消するべき4つの対策

  • 2019年2月24日
  • 2019年12月5日
  • 臭い
  • 5357View
  • 0件

一体、加齢臭はどこから臭うんでしょうか。 

なんとしても臭いは出したくないと思う方に4つの加齢臭対策を紹介していきます。

30歳も超えれば誰でも加齢臭の仲間入りになってしまうのでしょうか。

できれば、それだけは回避したいですね。

職場でもプライベートでも「臭いヤツ」なんて思われたくないですね。 

そうならないためにも普段の生活を意識していなければなりません。

加齢臭はどこから出てる?

イヤな加齢臭はいったいどこからでてるのでしょうか。 

身体全体から出てるように思いますがそうではありません。

加齢臭の場所

加齢臭の発生場所は主に上半身です。


その中でも強く臭いを発生しているのは頭部の頭頂部わきの下かと。

顔や頭部は常に紫外線にさらされていますので強くノネナールが出ています。


加齢臭の発生場所にはもうひとつ大きなポイントがあります。

それは、 です。

加齢臭は臭いが染み込みやすいので着ている服にもたやすくうつります。

身体は清潔であっても昨日と同じ服を着ていれば加齢臭は出ています。

服の臭いからトラブルになった実話です。⇩

【体臭】人との距離を感じたら自分の臭いを確認せよ!解消は3つの対策

臭いをなんとか止めたい!! そんな方はこちらをどうぞ ⇩

デオシークの効果と口コミを解説 評判の良さから見えるデオドラント能力


強烈な足の臭いでお悩みならこちらがよろしいかと。⇩

【足の臭い対策】消臭クリームで臭いを断つ!予防対策は2つの方法


口臭は評判の良いこちらの記事を参考にしてください ⇩

【口臭対策】口コミからの情報が確実 おすすめサプリは腸活アップのREFUME

身体の内部を温め新陳代謝を良くする陶板浴は、体臭に良い結果が得られるはずです。

【実録】陶板浴はガンに効果あるのか?170日の真実!

加齢臭対策

キレイな海岸 ヒトデ

加齢臭は汗をかかなくても出ており、皮脂であるために簡単には落ちません。

にこやかな顔の医師のイラスト
医師
加齢臭は病気ではないので普段の生活が大事です

これだけは実行したい加齢臭対策

身体の洗い方  

顔、頭、首の後ろ、わきの下、背中をていねいにしっかり洗う。

加齢臭に効果のある薬用せっけんも使ってみましょう。

洗いすぎに注意!! 洗いすぎると肌を保護しようとますます皮脂を出してしまうため

食事 

肉の多い食事を減らしていく。

ピーマン、ブロッコリー、ホウレンソウ、チンゲン菜、シソ、オクラ、アスパラカス、アボ̚カド、カボチャなどの緑色野菜をたくさん食べましょう。

海藻類は肉食によって酸性になった身体をアルカリ性に保ちます。


それによって肌を保護するため身体からの皮脂の量を減らしてくれます。

ストレス  


身体にあらゆる悪影響をもたらすストレスは体臭にも影響します。

ストレスによって血管の中に活性酸素が増えて皮脂の量も増加します。


それによってノネナールも大量にでます。

当然ですが、ストレスのない生活などあり得ません。

しかしストレスは病気の元凶ですし、体臭も出る。

なんとかして極力ストレスを溜めない生活をしましょう。


服装


加齢臭はあらゆる場所に臭いがうつります。

同じ服を洗濯しないで着ていると加齢臭はどんどん服に付着していきます。

これでは身体を清潔に保っていても意味がありません。

できる限り、服は毎日変えていきましょう。

難しいのであれば帰宅後に服に消臭スプレーをかけておきましょう

男性のオシャレな臭い対策に練り香水は使えます。⇩

【練り香水 メンズ】男性こそ使うべき3つの理由&ビジネスで使える2つを紹介

服の臭いを回避する話です。 ⇩

【服の臭い】2つの消臭対策 防臭の意外な盲点 人の鼻は犬並みにすごかった

身体で一番皮脂が多いのは頭皮です。⇩

【頭の臭い対策】臭いは頭部に集中している

加齢臭の臭いをなんとかしたい時、役に立つ「クリーム、ボディソープ、サプリ」です。⇩

デオシーク 公式サイトはこちらを押してください

加齢臭はどんな臭いなの?

芳香剤


ブルーチーズのような臭い、古い本のような臭い ”(-“”-)”   


なんとも言えない表現ですね。


イヤですねえ…

臭いに対して敏感な時代にそんな臭いしてたら嫌われますよ。

ノネナール(加齢臭の元) 

皮脂に含まれる酸が皮膚にいる菌により分解されてできたもの。

皮脂は身体の皮膚を保護するために出るものであるため、身体には必要なものです。多少のノネナールが出るのはやむを得ないとこではあります。

 

加齢臭はノネナールだけの臭いでもないんですね。

ノネナールの臭いが付いた服の臭い、タバコや食べたものの臭い、つまり生活臭というものと混ざった臭いなんです。

だから人によって臭いが変わったりもします。

加齢臭の確認方法   

加齢臭は自分ではなかなかわかるものではありません。

とてつもなく強い臭いでもありませんし、「嗅覚の順応」により臭いがわからなくなってしまいますから。 


一番の確認方法は自分の枕を嗅ぐことです

その臭いが加齢臭と思ってください。

その臭いを嗅いだ他人はさぞ苦痛な顔をすることでしょう。

それぐらい他人にとってはイヤな臭いなんです。

まとめ

加齢臭は中年から発生してきますが、生活習慣や食事によっては40代前からも出ることはあります。

いずれにしろ必ず男性、女性関係なく出てきます。


しかし年齢とともに肌を保護する身体の機能の低下によって発生するものなので悲観する必要はないです。


エチケットとして捉え日頃から対処していけばかなり防げますし、周りに異常までに気を遣うこともなくなります。


そして臭いに対して敏感になっていれば臭いから病気の発見につながることもあります。


長寿王国日本ですからこの加齢臭とはうまく付き合っていきたいものですね。(^^)/   



香水 3本 
twitterにブログ記事の更新情報を流してますのでよかったらフォローお願いします。