健康、転職、出会い、ワードプレスなどの情報をわかりやすく見やすく書いてます

最速!ワードプレス メディアライブラリの画像削除 プラグインなし&簡単

こんにちは はやとです。(@slowlife184)

 

ワードプレスのスピードが遅くなる大きな原因に画像があります。

 

メディアライブラリ内にあるすべての画像を圧縮すると時間と費用が掛かり、できるならいらない画像は削除したくなります。

・簡単に画像をたくさん削除したい

・プラグインなしでサクサク削除したい


・自分で選んで削除したい

プラグインなしで操作が早いというのは、スピードが必要なこれからのサイト運営には必須です。

失敗事例も含めて解説します。

メディアライブラリを手動で簡単削除(図解入り)

未添付の画像はプラグインで一気に削除できます。

しかし、中には必要なファイルもあってなかなか一括削除しにくいです。

ブログを軽くするにはまずこの記事です。⇩

【ブログ 重い】対策は2つの画像圧縮とバランスのある知識

メディアライブラリの未添付の表示

しかも記事公開後に画像削除や画像交換すると、いらない画像が「画像」や「所有」に入っていて「未添付」にはないのです。

「画像」「所有」には実際使用している画像が多いので一括なんてのはできません。

と言って、一枚ずつ削除するのは時間がかかりすぎる。

いろいろ触っているといい方法が見つかったのです。

自分で画像選択 

サクサク削除 

 

簡単

最速 メディアライブラリ削除 1A

メディアライブラリの画像

順序  

1、画像を削除なら「画像」を選択 

2、月ごとの削除が良い ※ 月ごとに削除の方がトラブらない

3、一括選択を押すと画面が切り替わる(削除したい画像を選択できる)

最速 メディアライブラリ削除  1B

方法

一括選択を押すと画面が暗転し、個別記事を選択できるようになる。

最速 メディアライブラリ削除  2

順序

1、削除したい画像を選択していく (サクサク感あり)

2、完全削除を押す! 
※ 押す前に確認しよう

 注意! メディアライブラリから完全消去されます。
パソコン内に画像保存していない場合、画像の復活はできませんから要注意!

感想

自分で選んで押して一気に削除。

プラグインを使うよりも融通がきき、個別に削除するより圧倒的に早い!!

手動で最速は間違いありません!!

しかしどんないい薬でも副作用があるように、最速の方法にもリスクがあったのです。

アヒルのイラスト
アヒルの
ダック
きたきた やっときた~ トラブル、トラブル

最速 メディアライブラリの画像削除の注意点 悲劇起こる!

最初は慎重にしていたんですが、あまりのサクサク感に調子に乗ってしまいました。泣

「画像」から選択していますから実際に使用している画像がほとんどです。なのに…

サムネイル画像ならほぼ間違えないのですが、サムネイルになってないファイル式の画像があったのです。(無知)

「なにかな?このファイル、わからん、消してしまえ~」

調子よかったのはここまででした。

かなりの枚数をあっという間に削除しました。その30分後に悲劇が 😭

サイトを確認すると

いくつものアイキャッチ画像が消えていました~

ぎょえええええええ~

さらに

記事内の画像が何十枚も消えました。

ぐおえええええええええ~

アヒルのイラスト
アヒルのダック
ぎゃははははははは~ ウケる~

最高だよ~はやと~ww

まじにやってしまいました (T_T)

その後、訂正に要した時間は10時間を越えました… 

中には記事に絶対に必要な画像もあり、
それがなくなり死んだ記事も… チーン

失敗からの教訓  

・いらない画像以外には触れないこと!  

・調子に乗らないこと!  

・わからないファイルには触れないこと!

それさえ守ればマジに早くてやりやすいです。

別記事

【アドセンス 表示されない】自動広告が一部表示されない時の対応策

【被リンク】アップデート対策効果が大 寄稿の4つのメリットでPV上昇

【アドセンス 関連コンテンツ解放】配置後の挙動を報告!自動広告がたくみに動く

【告知 オンラインサロン開設】LEVEL9とかけまして吉野家とときます そのこころはどちらも「うまい、やすい、はやい」でしょう

まとめ

WEBのいめーじのデザイン

画像に関しては昨年より意識高くなっている方は多いでしょう。

Googleのアルゴリズムのスピードアップデート、そして最近はサーチコンソールに速度(試験運用)の実装。

あんなに赤色の線(スピードが遅い)を見せられたら、気が気でなりませんしねぇ。

次世代フォーマットでの画像の配信はまだ早いようですし、今やれることでスピードを上げていくしかありません。

JPEG 2000、JPEG XR、およびWebPは、対応する古いJPEGおよびPNGに比べて優れた圧縮および品質特性を持つ画像形式です。JPEGまたはPNGではなくこれらの形式で画像をエンコードすると、読み込みが速くなり、セルラーデータの消費量が少なくなります。

という説明がありますが、新しい方式での圧縮ではスマホによっては映らないとのことなので今は使えません。

劣化させない程度に圧縮、もしくは画像を使いすぎない
または小さい画像にするかを考えながら添付しないといけません。

ワードプレス運営はこれからは、
画像意識高い系運営者」になるべきですね。

頑張ってコツコツスピードを上げていきましょう。

パソコンのキーボードの上にBIG DATA
twitterにブログ記事の更新情報を流してますのでよかったらフォローお願いします。